このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
0120-754-529
受付時間:平日10:00~18:00
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

着物のお手入れって
想像つかないですよね?

着物自体は洋服みたいに
毎日洗わなくてもいいんですよ

ご自身でできる着物お手入れの方法
そのポイントとコツを
お教えいたします。

着物着用後はハンガーで
陰干しが基本

着物は脱いだらすぐ着物ハンガーに
掛け、半日ほど陰干しし、
湿気を取りましょう。着物など絹類の
大敵は湿気です。
日の当たらない
風通しのいい場所で陰干しするのが
ポイントです。

その際、同時にシミや汚れの
点検もこの時に行うといいです。


特に汚れやシミがつきやすいところ
○衿
○袖

○着物の上前見頃
○裾(上前・下前両方)

 

★ブラッシングも忘れずに

衣類全般にいえることですが、生地を傷めるのは汚れやシミだけではありません。
忘れてならないのが「ホコリ」。
現代のホコリには様々な化学物質が
含まれているため、
このホコリを
落とさないでいると、
生地の劣化につながります。

衣類用のブラシの他、目の粗いタオルを
15㎝角にたたみ、上から下に
ブラッシングしましょう。

着物を脱いだ時の開放感も
醍醐味の一つですが・・・

ちょっと待って!
帯と長襦袢もお手入れが必要です

襦袢のお手入れ
~陰干しの他、汗ジミをチェック
長襦袢は表にでない分、
シミをつけてしまうリスクは
少ないのですが、
気をつけなければ
ならないのが「汗ジミ」です。
絹類にとっての大敵は湿気ですが、

汗も水分ですので、そのままにしておくと
黄ばみなどが発生し、
黄変化してしまうので、
気をつけましょう。
帯のお手入れ
~陰干しの他、汗ジミをチェック~
帯は温もりの残っている内に、
たたくようしてシワを伸ばし、

着物・長襦袢と一緒に半日ほど
陰干しをしましょう。
もし、汚れや
シミなどがあった場合には、ご自身での
汚れ落としやシミ抜きは避け、
着物専門店へ
依頼されるのがベストです。
帯は織物ですので、着物とは扱いが違い、
プロの技術による汚れ落としや
染み抜きが必要になります。
帯のお手入れ
~陰干しの他、汗ジミをチェック~
帯は温もりの残っている内に、
たたくようしてシワを伸ばし、

着物・長襦袢と一緒に半日ほど
陰干しをしましょう。
もし、汚れや
シミなどがあった場合には、ご自身での
汚れ落としやシミ抜きは避け、
着物専門店へ
依頼されるのがベストです。
帯は織物ですので、着物とは扱いが違い、
プロの技術による汚れ落としや
染み抜きが必要になります。

汚れ・シミを付けてしまった時の
応急処置

シミは他の乾いた布に移す。
これが応急処置のポイント!


シミを付けてしまった時に
気をつけたいのが、
ハンカチなどでこすってしまうこと。

シミの3大禁止事項が
「熱しない・こすらない・拡げない」

シミにより処置の仕方が違うことも事
実なのですが、皆さんができる
最低限の応急処置の方法を

お教えいたします。
Step.1

まずは、シミの上から乾いた布
(綿・ガーゼ素材など)を優しく
当て、シミを吸収させましょう。



Step.2
シミが染みこんでいる状態の時は、
水で固く絞ったハンカチと乾燥した布の2枚を用意。
シミのある生地の下に
乾燥布を当て、水で固く絞った布で
シミを下に落とす要領で叩きます。

この叩くというのがポイント。
Step.3
完全にシミは落ちないので例え目立たなくなったからといって、
そのままにはしないことが重要!
Step.4
すぐに着物専門店へ持っていき、
染み抜きをしてもらってください。
Step.2
シミが染みこんでいる状態の時は、
水で固く絞ったハンカチと乾燥した布の2枚を用意。
シミのある生地の下に
乾燥布を当て、水で固く絞った布で
シミを下に落とす要領で叩きます。

この叩くというのがポイント。

※ワインやウィスキーなど、
お酒のシミは生地を傷めるスピードが
早いので、少しでも早めに
着物専門店へ持ち込みましょう。

 
※雨の時の泥はねなどの汚れの場合は、そのままにしておき、自宅で乾燥させてから、ホコリを落とす要領で
軽く叩いた上で、
着物専門店へ持ち込みましょう。

めんどくさい。。落ちない。。
お困りでしょうか?
佐沼屋呉服店が承ります!

着物の汚れやシミ、お手入れで
お悩みの方

着物お手入れのプロ
「きものケア診断士」がいる
佐沼屋にご相談ください。

佐沼屋の着物クリーニングは、


  • 熟練職人による「手洗い」「自然乾燥」「手仕上げ」によりまるで天女の羽衣のような仕上がりが
    期待できます。

  • 他店で断られた着物や帯の汚れ・シミなども熟練職人の手技により、キレイになる可能性があります。
  • 他店で断られた着物や帯の汚れ・シミなども熟練職人の手技により、キレイになる可能性があります。

☆他店購入の着物OK 
☆ご相談&見積り無料 
☆見積り後のお断り・変更OK

佐沼屋の着物お手入れのプロ
「きものケア診断士」が
貴女様の着物を診断し、

着物クリーニングの熟練職人が
最適な方法で着物を蘇らせます。

着物のお手入れに関する
すべてのお悩みについて
ご相談が可能です。

佐沼屋のこだわり

手洗い
一般的には予洗い・下洗いと
云われる工程になります。
佐沼屋は、この予洗い・下洗い専門の
熟練職人が着物の種類・
状態に
合わせて、ブラシの加減をみて
汚れを落としていきます。
汚れが見える箇所だけでなく、汗・ホコリ等を吸収している可能性のある
ところは、すべて丁寧に不純物を
揉み出します。
自然乾燥
着物を洗った後は乾燥。生地に
ダメージを与える機械乾燥に頼らず、
手間と時間をかけ自然乾燥するのが
佐沼屋のこだわりです。
24度~26度の低温で、
一昼夜自然乾燥させるのです。
これが着物に一番やさしい乾燥法。
洗剤溶液の匂いを完全に飛ばし、
ふわっとしたソフトな
仕上りに近づけます。
手仕上げ
仕上がりの違いが大きく出る点が
この仕上げの工程。
着物本来の風合いを出すために、
着物に直接アイロンをあてずに、
浮かしながら蒸気の熱で形を整え、
着物のふくらみを出していきます。
この手仕上げで、
生地の風合いが決まるため、
佐沼屋では手仕上げ専門の
熟練職人がこの工程を担当します。
手仕上げ
仕上がりの違いが大きく出る点が
この仕上げの工程。
着物本来の風合いを出すために、
着物に直接アイロンをあてずに、
浮かしながら蒸気の熱で形を整え、
着物のふくらみを出していきます。
この手仕上げで、
生地の風合いが決まるため、
佐沼屋では手仕上げ専門の
熟練職人がこの工程を担当します。

丸洗い(手洗い・自然乾燥・手仕上げ)
価格例

留袖・振袖など    
10,000円
(税抜)
訪問着・小紋・紬・喪服など袷類
   9,000円
(税抜)
コート・羽織り・単衣着物
四つ身など
7,800円
(税抜)
長襦袢・祝い着・三つ身・帯など
6,800円
(税抜)
コート・羽織り・単衣着物
四つ身など
7,800円
(税抜)

今なら!

※当ホームページをご覧の方に限り、
上記価格より30%割引のサービスがございます。
 以下のページへアクセスください。

さらにさらに当ページよりご来店のお客様限定
30%割引券

佐沼屋へ初めてご来店の方に限り、
当店でご利用いただけるクーポン券を特別ご進呈いたします。

着物・帯の他、和装小物、着物クリーニング(丸洗いのみ)を通常価格から・・・

(割引対象外の作品・サービス)
 ※展示会(催事)時の着物・帯・長襦袢
  和装小物等は特別品とりますため
  対象外とさせていただきます。

 ※振袖レンタル・ご購入・アレンジ
 (リメイク)・振袖和装小物全般は
  対象外とさせて頂きます。

 ※お仕立て・ガード加工、染み抜き、
  裏地など、お仕立に関連する商品
  サービスは対象外とさせて頂きます。

 ※お一人様・ご一家族様につき1回限りの
  特典とさせて頂きます。

 ※着物クリーニングは通常価格よりの
  30%割引となります。

  キャンペーン価格
  佐沼屋VIPプラチナカード
  会員様の特別価格は割引の
  対象外となりますので
ご了承下さい。

ご来店予約

ご希望のお日にちを記載の上送信ボタンを押してください。
こちらよりご来店予約をいただいた方がお待たせすることもなくスムーズです。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

佐沼屋呉服店

住所:〒301−0123茨城県龍ケ崎市5143

電話番号:0297-62-0043
フリーダイヤル:0120−754−529